お直しの経過報告~☆

このところ、数年前から家にある着物雑誌を読み直しています。
読み直しているのは、「着物のお直し」が特集のものです。

ここ数年、ずっと私の中で燻ぶってる思いは 自分にジャストサイズの着物を着たいって思いだったようです☆でも、自分のサイズに直したいと思いながら お直し代を思うと踏みとどまることしかできなかったから 波立つ心を静めて、静めて…過ごしてきましたが、静めることは 着物に袖を通さなくなることになっていって…。
まぁ、着て行くところもなかったっていうこともあるんですが…012.gif

先日も書きましたが、今年に入って お直しに一歩踏み出しました♪

c0091850_20475015.jpgこの度、お直しに預けた着物の内の1枚は、若草色の訪問着でした。
この着物は、裄が私には5分短く 娘にはジャストサイズです。
迷いながら決心がつかないままに「袖丈を直す」ということでとりあえずお預けして、「裄はどうするか?」を後で電話すると伝えて置いて来ました。
ゆくゆく娘に譲ると決まってる着物です。
それに 5分なら私にも許容範囲でしょう。
でも、納得してない自分がいるんですね~。
そして、娘にはまだまだ地味な着物です。
譲る日まで納得しないままに過ごしていいのかな~と、とっても迷いました。

やっと昨日、和裁士さんに電話を掛けて、「裄直ししてください」とお願いしました。
直したい着物は、これだけではないので、5分をこだわっていたら大変なことになるんですけどね…。
小紋の5分は 目を瞑って、訪問着の5分にはこだわろうと決めました!

2年後の春、娘と息子のダブル卒業式が巡って来ますから、そのどちらかのお式に着るつもりです!001.gif



ところで、着物の裄の5分にこだわって 人から見たらもったいないお金の使い方をしてる私も私ですが、その上手を行く友達がいます。
金銭感覚が、私と全く違います。

彼女は、数年後の娘の成人式には 振袖一式をを誂えるのが当たり前と考えています。
でも、その為の貯金は無いそうで、そこを察したお姑さんが 「生きてる内に渡しておくわね。」と支度金をくれたんだそうです…。
全くもって羨ましいお話です045.gif

で、彼女ったら 娘の「海外旅行に行きたいな」という目先の希望に乗っかって海外旅行に使っちゃいましたとさ。

着物を借りたり リサイクル品を求めたりすることを嫌う彼女です。
どうするんでしょう?私が心配しても大きなお世話でしかないんでしょうけれど。

お姑さん、また支度金をくださるかしら?
くださるような気がします。
何が当たり前なのか、こんな時判らなくなりますわ。
[PR]

by ahaha-syuwacchi06 | 2010-01-24 23:45 | 着物