ドイチュに行く前に☆

今度の11日は 成人の日ですね。
娘の同級生のお母様たちは その準備に余念がない(?)ようです001.gif
誕生して20年という節目ですもの、大切に育てた子どもを社会に送り出す気持ちも込めて祝ってあげたいのでしょう045.gif

私は…というと、昔から天の邪鬼でして、自分の成人式に行きませんでした。
だから、娘の場合も「行ってほしい」とか、「行くべきだ」という考えはありません。
(ただ「準備してあげなくちゃ!」とは思ってましたが…)
そうなると 当然娘にとっても 成人式なるものは興味対象外になってしまうようですわ。

振袖着物一式で 数十万円するってことも 興味を失くす要因のようです。
市役所から届いた招待状には 礼装でなくてもいいですよといった文言が入ってましたが、
日本文化を尊重するように教えられて育った中にあって それはちょいと無理があるって気がします。

で、彼女が選んだ選択は、「振袖を揃えるお金があるのなら、私はドイチュ(「ダイワハウチュ」のノリで書きました~、ドイツのことです!)に行ってみたい!」というものでした。
「一か月短期留学」ってのに2月末から行くそうです005.gif

国内を一人旅したことない娘が いきなりドイチュで1~2泊の一人旅もあるんだそうで…007.gif
「北海道より北に位置するから 氷の世界のように寒いよね?」ってくらいしか考えきれない親から生まれた内気な娘が どうやって一か月を乗り越えるんでしょうかねぇ?
鹿児島大学から参加する学生さんは、その一人旅で 専攻してる学問に沿って 地質調査だか発掘だか はたまたそういった博物館だかに行くんだそな…。(なんか志がすごくない??)

親は二人とも ポカ~ンとして 成り行きを見ています。

でも、その前に矯正歯科のドクターから『〈親知らずを抜く〉という簡単な手術を口腔外科で受けて来い!』という指令が出ています。
昨日その予約を入れてましたが 彼女はドイチュに行くことより よっぽどそっちの方が怖いようですよ011.gifけけけっ♪
[PR]

by ahaha-syuwacchi06 | 2010-01-06 12:16 | つれづれ